BLOG

頭でっかちなお産をして自分のからだの声に耳を傾けられなかった後悔が、私の中にはずっとありました。
そのモヤモヤは子ども達との真剣勝負!な関わりの中で薄れていった部分もあり、お産のお手伝いを通して癒されていった部分もあります。

子ども達との真剣勝負!では、何かある度にとことん話し合うことを続けています。子どもも親を見ているから手は抜けません。真剣に子どもと向き合う中で自分とも向き合い、その向き合うことが、お産のモヤモヤをいつしか薄れさせてくれました。

そしてお産のお手伝いで癒されたこと。

助産院でのお産は、ママがその時こうしたいと思う体勢で過ごすので、皆さんいろいろな体勢です。横向きや四つん這い、立って腰を振りながら陣痛を逃したり、バランスボールに乗って過ごす方もいます。

その方らしいお産の場にいられることが、私は楽しくもあり嬉しくもあります。

陣痛の最中でも赤ちゃん頑張れ〜!と声をかけながら自分も頑張っている女性

(この体勢)"なんか違う"とか、(赤ちゃん)"出したいけどまだなんだよ…"と自分のからだの声に耳を澄ませている女性

陣痛が強くてどうしても力が入ってしまう中で、必死に助産師の声を聞いて呼吸を合わせようと頑張る女性

女性の呼吸の変化やからだの変化、表情の変化を見ながら、私の五感もどんどん研ぎ澄まされていきます。

そういう経験を通して私はお産を知り、女性の持つ産む力を知り、癒されてきたんだと思います。

助産師は40代でもひよこ
60代になってやっとものを申せるようになり
80代で大御所

大先輩のお言葉が、本当にその通りとしみじみ感じます。

まだまだこれからですが、
お産を取り巻く前後のケアで、これからも女性たちをサポートしていきたいと思います。

私は自分のお産にモヤモヤが残っていました。
そのモヤモヤは、ちゃんと自分に向き合えなかった後悔。
今思えば、お産への気持ちの準備もからだの準備も何にもできていなかったので、向き合えなくて当然でした。

なかなかお産が進まない時に、
どうしたらいいか分からない、どうしたらお産が進むんだろう。。
もう帝王切開でもいい。
そんな思いに囚われながら陣痛中を過ごしました。

いつまで経っても赤ちゃんが出てくる気がしない。
本当にそう思いました。

とても時間がかかったけど経膣分娩でお産ができたのは、陣痛中ずっとお腹の中で元気に頑張った息子と、そばで支え続けてくれた友だちの助産師のおかげです。
彼女が私に付きっきりのケアができるように、病棟の他のスタッフも協力してくれました。
本当に沢山の人に感謝です。

お産が進まずやきもきしているとき、
妊娠中に赤ちゃんを産むことや、からだ作りにもっと真剣に取り組んでいたら、こういう結果にならなかったのではないか
と、そんなふうに考えていました。

うまくいかないことの原因をあちこちに作って、結局は自分自身を受け入れていなかったんだなと思います。

逃げたくなったり
辛かったり
もどかしかったり
お産中はいろんな感情が湧いてきます。
泣きたかったら泣いていいんだよ、
その時の自分にそう言ってあげられたら、
私のお産の受け止め方は違ったかなと思います。

今では自分のお産も、頑張ったね、と思えるようになりました。

そう思えるようになったのは、みなさんのお産をお手伝いしながら、私自身が癒されていったからだと思います。

お産は怖くて痛いだけではありません。
中には気持ち良かった、楽しかったと仰る方もいますし、赤ちゃんが回りながら降りてくるのを感じながらお産される方もいます。
傍でお手伝いさせていただきながら、みんなこういうお産ができたら、お産は楽しいものになってみんなの笑顔が増えそうだな、と思います。

意識が変わるだけでお産が変わります。
お産を味わうことができます。

味わうということは、良いも悪いもなく、そのままの状況を受け入れながらお産に集中することかな、と思います。
自分と赤ちゃんを信じること
陣痛を受け入れること
呼吸しながらからだを緩めて
赤ちゃんを産み出すためにからだを動かすこと

寝てるだけではなかなかお産は進みません。
どう動いたら赤ちゃんは生まれてくる
どの姿勢が進みやすい
からだを緩めるために息を吐く
声を出す
いきみたい
自分と対話しながらお産は進みます。

呼吸が深くなると意識も深まります。
陣痛中の呼吸は、自分と赤ちゃんを信じる力を強くしてくれます。
息を吐いてからだを緩めることは難しいけれど、からだの変化を感じれると "どうしたい" が見えてきます。

あなたの呼吸やからだの変化を感じながらそばでケアをする助産師がいます。
からだの緊張がほどけるように腰をさすりながら、心の緊張もほどけるように声をかけます。

大丈夫、あなたが頑張っていることをちゃんと知っています。



まだ赤ちゃんががお腹の中にいた頃。
顔の見えない我が子にどんな想いを抱いていましたか?
どんなお顔で生まれてくるかな?
どんな性格の子に育つだろう。
自分はどんな親になるんだろう。
可愛いと思えるかな?
などなど期待と不安とが入り混じりながらも、胎動を感じては、よしよし元気だと安心しながら過ごす日々。
お腹の赤ちゃんは何を想い過ごしているでしょう。
赤ちゃんの耳は妊娠25週くらいから音を感知するようになると言われています。
ママやパパ、家族の声を聞きながら、自分もこの家族の仲間になるんだと、赤ちゃんも生まれるための準備をしています。
特にママの感情には敏感です。
ママが忙しく過ごして疲れたなと思う日は赤ちゃんもそれを感じています。
あまり忙しすぎると、時々息切れしちゃってる赤ちゃんもいるかもしれません。
そんな時は赤ちゃんから何かしらのサインがありますからゆっくり過ごしてくださいね。
楽しく過ごした日はルンルン♪赤ちゃんも幸せを感じています。
お腹に話しかけると胎動でサインを返す赤ちゃんもいますね。
お腹の中からもう家族の時間は始まっているのです。
妊娠期間はあっという間です。
当たり前だけど、生まれたらもうお腹の中にはいないんです。
お腹にいる時間も赤ちゃんと一緒にたくさん楽しんでください。
そしてそういう時間があったこと、楽しかったこと、いろいろな思い出が、皆さんの心のどこかに今もそっとしまってありますよ。


人の営みは本来とてもシンプルなものです。
いろんなことが簡単で便利な現代において、私たちは自分の都合のよいようにスケジュールを調整したりしますが、
お産を思い通りに操作することはなかなかできません。
赤ちゃんが生まれようとする時にお産は始まります。
お産が始まり、陣痛の強い波がやってくると自分の中のいろんな自分が出てきます。
強い自分もそうでない自分も、逃げたくなる自分もいます。
ネガティブな感情は悪者ではありません。
そういう感情が起こって当たり前なほど、陣痛は強いものです。
でも、頭で色々考えてしまうとお産はなかなか進みません。
面白い?ことに、からだにブレーキがかかったかのようにお産が停滞します。
ですからお産が始まったらもう波に乗るしかありません。
逆らわず、呼吸に集中してからだを緩めていく。。
お産の時の呼吸はからだの緊張をとるために行います。
意識が邪魔をしてくる時は呼吸だけに集中します。
腰をさすったり、汗を拭いたり、からだの緊張をほぐすようにサポートしながら、助産師は傍で産婦さんのからだの変化を見守ります。
ほぐれてきたところに赤ちゃんは出口に向かって進んできます。
狭いトンネルを少しずつ押し広げながら。
赤ちゃんにとっても長い道のりです。
部屋の空気が変わります。
ママと赤ちゃんとご家族が作り出す空間。
最後の一踏ん張りに向けた時間は部屋全体が一体感に包まれています。
そして赤ちゃんが生まれて元気に泣くと、ホッと安堵した空気に変わります。
赤ちゃんを抱くママのくしゃくしゃの笑顔。
オギャーオギャーと元気な声が部屋中に響きます。
助産師はまだ引き締めた緊張はそのままに
心の中は
無事に生まれた喜びと
ママと赤ちゃんの頑張りへの賞賛の気持ちと
このお産に立ち会えたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。
部屋中に溢れる幸せな空気に自分自身が内側から満たされます。
温もりのあるお産。
温もりの中での子育て。
人の営みは温もりの中にあります。
コロナ禍で不便な今こそ、人との繋がりを大事にしたい、そう想います。




お産のことを考えていると、産む女性の内側から引き出される美しさが浮かんできます。
必死に頑張っている最中の姿も、赤ちゃんが生まれてほっとする笑顔もみんな素敵です。

産む人も産まない人も
これからお産を控えてる人も
もうお産や子育てが落ち着いた人も
男性も女性も
みんながお産をもっと価値のあることとして大事にしていけたら、世の中も大きく変わりそうな気がします。

ちょっと妄想が広がりすぎましたが、

私が考えるバースエデュケーション(birth education)とは、
・お産についての正しい知識を学んで、お産の方法を選択できるようになること
・お産に向けて気持ちとからだを整えていくこと
だと考えています。

経腟分娩、吸引分娩、無痛分娩、帝王切開とお産の仕方にはいろんな方法があります。
どの方法でお産するにしても、ママと赤ちゃんが頑張ったことに違いはなく、その方法によって女性が否定されるものではありません。
いつも心から"ママも赤ちゃんも頑張りましたね。お疲れさまです!"と思っています。

さて、お産の仕方ですが、経腟分娩と無痛分娩は自分で選ぶことができます。
吸引分娩や帝王切開は自分の気持ちとは関わりなく、そうせざるを得ない理由があります。(逆子、婦人科の病気、お産の時の緊急対応など)
お産はどういう経過になるか分かりません。

そんなはずじゃなかったと思うお産になることもあります。
だからこそ事前に準備をして覚悟を育てることが大切です。
そして"どう産むかはどう育てるか"に繋がります。

湘南つむぎ助産院の安藤千晶です。
出張開業して2ヶ月になりました。
インプットすることは大好きだけど、アウトプットは苦手…
でもそんなこと言ってちゃいけない、自分を鍛える意味で少しずつ想いをカタチにしていきたいと思います。
実は一度助産師という仕事から離れていました。
お産のお手伝いというのは幸せな瞬間が多いですが、緊迫して大変な時もあります。
コロナ禍で少しそういうお産が増えてきたように感じて、緊迫する日々に疲れて私は身動きが取れなくなってしまいました。
自分が助産師として何がしたいか全く分からなくなりました。
そこで少しお休みをすることにしました。
お休みしていた時はひたすら韓流ドラマを見ていました。
何もしなかったけど、頭の中はずっと考えていたみたい。
助産師としての思考がぐるぐるぐるぐる動いてたんです。
そして個人活動をしよう!とある日思いました。
唐突な決心のようでしたが、以前から妊娠中の保健指導の大切さをひしひしと感じていたので、それがこのタイミングで出てきたのです。
今私がしたいことはバースエデュケーション。
"女性はどこで出産してもどんな方法で出産しても主体的に産むことができます"
これが私の活動の軸です。

こまぎれの睡眠の中、育児と家事をこなしているママ。
大変だけど、子どもは可愛いし、みんな一緒だから、と頑張りすぎてる自分に気づいてない人もいます。

自分のご飯食べれてますか?
昼間に少しお昼寝できますか?
あー疲れたからちょっとサボろう、ってできますか?
お母さんは完璧じゃなきゃいけないと思ってませんか?

完璧じゃなくていいんです。
沢山サボっていいんです。
これ以上無理だー!って叫んでいいんです。

子育てをあなたよりちょっと早くに経験したママ達は、子育てってひとりでするもんじゃないって知っています。
誰かを頼っていいんです。

もし"まだ余裕あるけど"と思っていてもたまにはゆっくり自分の時間を作るご褒美あげてください。

一緒に頑張ってるパパ達へ
産後ケアってご存知ですか?
ショートステイや宿泊型、訪問型などサービスの提供の仕方は施設により様々です。
ママとパパのリフレッシュになります。

コロナ禍で家族のサポートが得にくい今、産後ケアの利用が増えています。
お二人で頑張ってる家庭こそ社会の色々なサービスを上手に利用してくださいね。
ママは探す余裕がないかもしれないので、その時はパパさん情報収集をよろしくお願いします。

湘南つむぎ助産院は妊娠中からママとパパの出産・育児をサポートしていきます。
産後ケアは、2時間という枠の中でご希望のケアを提供します。
*授乳がうまくいかない
*赤ちゃんのお世話をしてほしい、お世話の仕方を確認したい
*ママとパパのリフレッシュ希望
など、助産師がケアを提供します。

ご希望の方には美味しいランチ付き✨
美味しいご飯をゆっくり食べてリフレッシュしてください☆

R3.3月末までモニター価格8,000円(お弁当代込み)

コロナ禍で立ち合い出産ができず、オンラインで出産を見守る施設もあるようですね。 

陣痛中のママをモニター越しに見るのは、傍でサポートできないパパにとってはどうなんでしょう。傍にいてその場の空気や温度を感じてこその立ち合いかなと思うのですが、皆さんどうですか?

***

もし立ち合い出産ができるなら、パパがそばにいてくれるだけで安心!とはいえ腰をさすってくれたり汗をふいてもらったり、具体的なサポートをしれくれたらもっと安心で心強いですね。


時々パパが立ち合いしても ”役に立たなくて” という感想を聞くことがあります。

それなりに覚悟して立ち会った(と思う)のに、役に立たなかったなんて言われたらちょっとショック。。。

ママをどうサポートしたらよいか分からなければ役に立たないのも無理ないのかも...と思います。


そこで保健指導です。

妊娠中にお産の流れや呼吸法、いきみ方などをママとパパ二人で受けていただくと、お産の時の過ごし方が変わってくると思います。

もし立ち合いができなくても、ママがどう頑張ってお産したかは知っててほしいのです。

”産む”って何回お産しても毎回違って大変なことですから!

頑張ってお産したママを労ってあげてくださいね☆


今はネットに情報があふれていますから、そちらでお産を学ぶ方法もあります。

でも、パパにぜひお産のことを知ってほしい!陣痛中にサポートしてほしい!という方は個別の保健指導がお勧めですよ。

***

私の二人目の出産のときは上の子も立ち会いました。

今では全然覚えてないそうです(^▽^;)

当時は赤ちゃんどこから生まれてくるの?と聞くと、ちゃんとジェスチャーでお股から赤ちゃん生まれてきてたんですけどね。

出産を知らない子どもたちはお腹からポコンと赤ちゃんが出てくるジェスチャーをするんですよ。

家族での出産は子どもたちへの最初のいのちの学習だなぁと思います。



                                   


お産の時にどうしたらよいか分からなかったという声をよく聞きます。
子宮口が全開になると分娩台で分娩体位をとって、さぁいきんで!と声を掛けられるけど、
どういきんでいいのか分からない、とか
いきんでるけどうまく力が伝わってない
という方もいます。
うまくできる人ももちろんいます( ˊᵕˋ* )

お産は一人ひとり違うし正解もありません。
だからこそどんなお産がしたい?がとても大切です。

"お産てこういう流れで進むのよ。陣痛が始まったらあなたはどうしたいと思う?"

それを書くのがバースプランだけど、何を書いていいか分からない人も沢山いますよね。
お産の知識は得ようと思えばネットやYouTubeでも情報は沢山あります。

でも自分がどんなお産をしたいかはどこにも載っていません。

湘南つむぎ助産院が行う保健指導は、お産のことをいろいろ知った後で、じゃあどんなお産がしたい?に向き合う保健指導です。
妊婦さんとご家族の気持ちが置いてきぼりにならないように、
むしろそこが一番大切だから、思っていることを教えてください。

病院やクリニックだからとされるがままのお産じゃなくて、私が産むんだ!という意識を持ちましょう。
ちょと見方を変えるだけで、見える世界が変わってきそうですよ( ˊᵕˋ* )
なんでも楽しんだものがちです!

すぐに保健指導はハードル高いな、という方はまずご相談ください。
ご相談先: tsumugi.mw@gmail.com

相性もありますからね、まずはお話してみてそこから決めてください。

湘南つむぎ助産院は妊娠中から女性をサポートしていく、妊婦さんサポーターです。




保健指導を受けていただき、臨月に入られた妊婦さんには一度ご連絡をさせていただいてます。
予定日が近づくと少しずつドキドキしますよね。
それは初産婦さんも経産婦さんも同じです。
保健指導では一通りお産の流れや呼吸法についてお話ししますし、ご主人さんの役割や腰のさすり方もお伝えします。
でも臨月に入ったら女性には保健指導の内容は忘れてくださいね、とお伝えしています
なぜかというと、頭で考えてるとお産がうまく進まないからです。
その時自分のからだがどうなっているか、どこにエネルギーが集中しているか、感じてほしいからです。
いろんな感情も湧いてきます。
痛い、辛い、もう嫌だ、そう言いながら頑張る産婦さんをその気持ちごと受けとめるのが私たちです。
施設でご出産される方のお産をお手伝いはできませんが、黒子としてそばに控えてる気持ちに変わりはありません。
女性がご自分の出産を味わったな〜!って思えたら私も嬉しいです。
そのための保健指導です。
妊婦さんが好きなんです。
妊婦さんの笑顔がみたいんです。
これからも妊婦さんとそのご家族を応援していきます。

体を動かすことは大切だと頭では分かっていても、1人だとなかなか動くまでにならない、ってことありませんか?
今日は雨だし明日から…なんて理由を見つけたりして。

でも体を動かすとやっぱりり気持ちイイ!
体も喜んでるのが分かりますね。

妊娠中は赤ちゃんを育てているのでいつもと状態が変わります。
妊娠初期〜中期はあまりお腹の張りが増えるような状況は作らない方が良いですが、かといって大事にしすぎて動かないでいると、筋力が足りなくて陣痛が弱かったり、赤ちゃんがうまく回ってくれずにお産が大変だったりします。
バランスが大事です。 

湘南つむぎ助産院の妊婦体操では、まず全身をストレッチして深い呼吸ができるからだを作ります。
骨盤を調整して、赤ちゃんが居心地よく過ごせる環境を作るとともに安産に向けた準備をします。
そして良い陣痛がくるように下半身の筋力UP。

体操のほかにウォーキングもお勧めです。
自然を感じながら歩くと気持ちも穏やかになりますね。できれば坂道やでこぼこ道を歩けると更に効果的です☆

うみかぜテラスの妊婦体操は、お産に向けた気持ちとからだの準備のほかに、妊婦さん同士の繋がりを深めるという目的を持って活動しています。
産後になると誰かと繋がりたくなるんです。
妊娠中から一緒に頑張っていけたら、産後がもっと楽しみになると思いますよ。